PRODUCTS

業務用カーナビSDK

さまざまなアプリケーションにカーナビ機能を付加

業務用カーナビSDKは業務システムにカーナビゲーション機能を付加できるソフトウエア開発キットです。
タブレットで動作する業務アプリにカーナビ機能の追加が簡単にできます。
カーナビの機能を操作するためのAPIを多数用意していますので、業務に利用される専用のカーナビとして業務アプリを開発することができます。

POINT①

優れた実用性

業務用カーナビSDKのベースとなる「マップルナビ」はポーダブルナビや据え付け型ナビとして約10年以上の開発販売を行っており、自動車メーカーの純正ナビに採用されました。
基本仕様は「マップルナビ」と共通になり、スマートフォンのナビとは異なる本格的な案内が表示されます。様々なイラスト、通過予定交差点、交差点の拡大図など、案内ポイントをわかりやすく表示します。
地図のスクロールやルート探索機能が軽快です。業務アプリと組み合わせて動作してもストレスなく操作することができます。
データを端末にインストールし動作します。通信ができない/通信を抑えたい環境での利用が可能です。

POINT②

充実のAPI

カーナビ機能を外部から操作するAPIを多数用意しています。
業務用カーナビのAPIを利用し、業務アプリに新しい機能を実装することで、業務の安心、安全、効率化に寄与します。

POINT③

強力なルート探索

通常のカーナビでは実装されない業務で有用なルート探索APIが用意されています。

主なAPI

地図操作:緯度経度、縮尺、角度を利用し、地図の操作が行えます。
ルート探索/案内:出発地・経由地・目的地を設定し、ルート探索を行います。
 巡回ルート探索:複数の目的地から効率の良い訪問順序を自動で作成します。
 緯度経度点列ルート作成:緯度経度点列を指定しAPIを呼び出すことでカーナビで案内可能なルートを作成します。
 回避エリアルート探索:侵入したくないエリアを緯度経度で指定しAPIを呼び出すことで回避エリアを迂回するルートを作成します。
道路情報、ルート案内情報取得:走行中の道路の情報や、案内中のルートの情報が取得できます。
オブジェクト操作:地図上にアイコンとラベル、ポリゴン・ポリラインを表示します。
メッセージ表示:カーナビ画面上に指定したメッセージを表示します。
サブ地図表示:メイン地図とは別にサブ地図のコンポーネントを表示できます。
住所検索、住所逆引き:住所文字列と緯度経度の変換を行えます。
階層検索、キーワード検索、周辺検索:ジャンル・住所・50音・周辺検索などの階層検索や、キーワード検索を行えます。
多言語設定:地図注記やUI、誘導音声を日本語、英語、中国語(繁体字、簡体字)、 韓国語に変更できます。
自立航法:古野電気製スマートGPS(PT-G1)を利用して、自立航法を実現します。

※これ以外にもたくさんのAPIを用意しています。実現したい機能を当社までご相談ください。

様々な業種のお客様にご利用いただいております。

・緊急車両
・バス
・タクシー
・ごみ収集車両
・インフラ点検車両
・配送トラック、特殊トラック
・その他の働く車

※「業務用カーナビ(SDK)」を用いた業務アプリの開発受託もご相談ください。

配送業務用アプリの例

動作環境

  • ●Android版/Android Archive(AAR)

    OS:Android5.1~9.0
     x86、armeabi-v7a
     x86_64、arm64-v8a
    CPU:1.0 GHz以上
    画面サイズ:7inch 以上推奨
    解像度:hdpi, xhdpi, xxhdpi
    空き容量:8GB 以上
    GPS:必須

  • ●Windows版/ActiveX control

    OS:Windows8.1,10
    CPU:1.0 GHz以上
    画面サイズ:7inch 以上推奨
    解像度:800*480 以上
    空き容量:8GB 以上
    GPS:必須

お問い合わせ