社長メッセージ

平素より御高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は2020年4月、株式会社昭文社ホールディングスの持株会社化により、昭文社グループのデジタルソリューションを担う企業として誕生しました。

地図や観光情報をはじめとする当社の製品・サービスは、長きにわたり官公庁や自治体、民間企業、一般消費者に至るまで数多くのお客様にご利用いただき、「地域の安心・安全」「楽しい旅の体験」「業務効率化や製品開発を通じた企業業績の拡大」など様々なシーンでお役立ていただき、多くのお客様の課題解決に貢献してまいりました。

普及拡大するAIやIoT、5Gなどの新たなインフラが浸透していく中で、当社でもこれら技術を活かした迷子支援サービス「おかえりQR」やユーザービッグデータを活用した旅行者行動分析ソリューション「Travelers’ Mind」、AIによる「売上予測サービス」などの新たなソリューションの他、カーボンニュートラルの取組に資する省エネ・防災対策ソリューションとして、付加価値の高い蓄電ソリューションの開発に着手するなど、地図情報がもつ可能性を活かした新たな市場開拓とそこに顕在化している社会課題の解決を積極的に推し進めております。

このような新しい領域への進出においては外部企業様との“価値共創”が不可欠であると考えており、今後も積極的に外部企業様との提携や協業を展開してまいります。

マップルは「片手に地図を。もう一方にはアイデアを。」をミッションに掲げ、Society5.0と言われる新しい時代に、人々の生活スタイルはもとより、お客様の業務内容や働き方、そこにある課題も大きく変化している社会で、独自の経営資源である「地図」や「観光情報」にアイデア=付加価値を加えるソリューションをご提供し、あらゆるお客様の課題解決に貢献してまいりたいと考えております。

新時代に合わせた新しいデジタルマップソリューションを展開していくマップルに、是非ご期待ください。

株式会社マップル

 代表取締役社長 大日方祐樹