NEWS

「通学路安全支援システム」を教育機関向け点検支援特別価格で提供~通学路における危険箇所の合同点検実施と対策検討に対応~

株式会社昭文社ホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)の子会社である株式会社マップル(本社および代表は同上、以下「マップル」)は、6月に発生した通学路上での重大事故発生に伴う、各地域における通学路の緊急合同点検実施に向けた取り組みに貢献すべく、通学路の安全点検業務・対策検討および継続的な通学路安全管理を支援可能なソフトウェア「通学路安全支援システム」を7月20日より8月末日まで約1カ月間、「教育機関向け点検支援特別価格」で提供いたします。各地域の通学路の危険個所のリストアップと対策計画策定および施策の実施管理に本ソフトウェアをお役立ていただくことで、子どもが安心して通学できる地域社会の実現に貢献してまいります。

【本システム(ソフトウェア)の開発経緯・特長】
マップルでは「通学路安全管理を可視化、デジタル化し、点検結果をいかに改善対策に繋げるか」という観点から、教育関係者の働き方改革も含め、地図をベースに通学路の点検・報告業務をサポートする「通学路安全支援システム」を2020年にリリースいたしました。
本システムは「教育現場の声」を最重視して設計したところに大きな特長がございます。実際に弊社地図ソフトを活用して通学路安全管理を実施されていた先生へのヒヤリング(2019年)や、茨城県下の400校あまりの小学校への通学路安全に関する一斉アンケート(2020年)を実施し、本質的な学校現場の通学路安全管理の課題を明確に捉え、システムの開発、改良に努めてまいりました。
例えば、教員のみなさまは定期的に異動されることが多く、一般的な紙地図ベースの通学路管理では引継ぎや情報更新が難しい、といった課題が調査で浮き彫りになったことから、本システムを通じて、各地で実施している「交通安全プログラム」によるPDCAサイクルを単年度で終わらせず、年度を跨いで継続的に対応していける環境作りを実現しております。

【本施策(特別価格提供)実施の背景】
6月に千葉県八街市で発生した通学路上での事故を受け、子どもの安全を守るために、現在、政府主導のもと各自治体および教育現場では通学路の総点検による実効的な対策が検討、実施されています。
7月9日には文部科学省から各自治体および教育現場に向け通学路における合同点検の実施依頼(※1)が通達され、先生、保護者の方を始め、関係者にはより一層の安全確保と体制強化が求められています。

また、国土交通省及び警察庁から関係機関に対しても「通学路における合同点検等実施要領(※2)」で同様に通知されており、その中で、学校点検実施後の合同点検の実施及び対策必要箇所の抽出を9月末目途に実施するよう明示されています。
この度、このような通学路上における危険箇所の点検実施強化の流れを受け、通学路をめぐる社会課題の改善に貢献すべく、本ソフトウェアを喫緊の課題である「通学路における合同点検」にご活用いただけるよう、教育委員会様にて一括購入いただきやすい通学路点検支援特別価格をご用意いたしました。
※1 通学路における合同点検の実施について(依頼) https://www.mext.go.jp/a_menu/kenko/anzen/1417907_00001.htm
※2 通学路における合同点検等実施要領 https://www.mext.go.jp/content/20210709-000016762_1.pdf

報道でもたびたび問題提起される点として、通学路での重大事故・事件が継続的に発生しており、その対策強化が毎回叫ばれるにもかかわらず、日常の様々な学校管理の煩雑さと、周辺環境の変化の激しさから、継続的かつ徹底的な通学路の危険箇所への対応は想像以上に困難であるという現実がございます。
これから実施される各学校の通学路点検と危険箇所のリストアップに本システムを活用いただくことで、危険箇所情報を関係者で継続的に蓄積・管理・共有することが可能になりますので、中長期的な視点で安心して通学できる環境の構築にお役立ていただけるものと考えております。

【通学路安全支援システムの概要】
児童の氏名や自宅住所と定期点検によって確認された危険箇所を本システム上に登録することで、リスクの高い通学路を通る児童が瞬時に地図上に可視化することが出来ます。また、登録された情報を大判の紙地図に印刷して点検時に活用したり、点検報告書向けの情報出力など、通学路点検に関する業務を本システム上で一元的に対応することができます。横断歩道、ガードレールや110番の家を設置するなど、事件・事故を未然に防ぐスムーズな対応・対策が可能となります。
製品詳細は https://mapple.com/solution/pak-tsugakuro/ をご覧ください。

【通学路点検支援特別価格】
通学路の安全点検支援のため教育委員会様一括購入向けの特別価格です※2021年8月末までの期間限定
点検支援特別価格 1校あたり33,000円(税込)※通常販売価格 55,000円(税込)
※別途、地図ソフト「スーパーマップル・デジタル」が必要となります。(パソコン1台あたり税込10,450円)
点検支援特別価格の詳細は https://mapple.com/tsugakuro/ をご覧ください。

【会社概要】
社名 :株式会社マップル
所在地 :東京都千代田区麹町3丁目1番地
創立 :2019年
事業内容:地図・ガイド情報等を基にしたデジタルデータベースの企画・制作・販売・使用許諾およびそれらを活用したサービスの提供
代表者 :代表取締役 黒田 茂夫

ロゴやスローガンに象徴されているように、創業当初からの主軸である地図に関するノウハウや知見をベースに、常にチャレンジ精神をもって<世の中にプラスアルファの価値>を創出することで、社会課題の解決や企業の発展に貢献してまいります。

【メディア関係の方向けの問い合わせ先】
広報担当:宇津井・小田
TEL:03-3556-8155(平日10~17時)
※メディア関係の方向け専用番号となります。一般のお問い合わせはナビダイヤル0570-002060、PHS・IP電話などナビダイヤルに繋がらない場合は03-3556-8132までお問い合わせください(平日9:00~17:00、年末年始、弊社休業日を除く)。
メディア関係の方専用メールアドレス:mapple_pr@mapple.co.jp

当社商品に関することなど一般のお客様からのお問い合わせは下記よりご連絡下さい。

ニュース一覧へ