製品

ジオコーディング、住所正規化
「アドレスマッチングツール」   

ジオコーディング(住所文字列への座標付与)や、
さまざまな住所情報の正規化を簡単に実現するツール

当社のアドレスデータを搭載し、住所文字列に座標を付与(ジオコーディング)したり、座標情報から住所文字列を返す(リバースジオコーディング)コンポーネントです。
複数レコードを一括処理することが出来ますので、大量の住所文字列も即時に座標付与することが出来ます。





POINT①

住所文字列のゆらぎや特殊な住所に対応

漢数字や全角、半角と住所には様々な表記の仕方が存在します。
本ツールでは漢数字・英数字、「1の1」や「1-1」、「ケ」や「ヶ」、「溪」や「渓」等の旧漢字・新漢字といった住所文字列のゆらぎに対応し、住所検索やジオコーディングへの影響を最小限に抑えます。
また、上る/上ル/上がるといった文字列のゆらぎや、○○通△△を○○△△と呼ぶような「通」を省いた表記等、京都の通り名に関するゆらぎにも対応しています。
また、ツールと合わせてご提供する住所辞書データに、過去数年分の住所情報を収録しているため、市町村合併等により住所文字列が古くなった場合でも座標を付与することができます。

POINT②

開発キットでも単体ツールでもご提供可能

GISアプリケーションやWebシステムに住所検索機能や住所入力補助機能を組み込むことができる開発キットと座標付与機能に特化して単体ツールとしてご利用頂けるアプリ(EXE形式)をご提供しています。
開発キットは、Windowsアプリケーション向けのDLL版、Windowsサーバー向けのCOM版・.NET版、Linuxサーバー向けのLinuxSO版があります。
オフラインやイントラネット環境で動作可能ですので、個人情報等の機密性の高いデータに対して安全に座標付与を行うことができます。
※開発キットについては、住所文字列から郵便番号(または郵便番号から住所文字列)を取得することが可能です。ただし一部取得対象外の郵便番号があります。

POINT③

アドレスマッチングの結果をレベル表示

住所文字列が住所辞書データとどのレベルまでマッチングしたかを8段階のレベルで表現します。
レベル0:不一致
レベル1:都道府県名まで一致
レベル2:市区町村名まで一致
レベル3:大字通称名まで一致
レベル4:字丁目名まで一致
レベル5:街区番号/地番(親番)を推定※
レベル6:街区番号/地番(親番)まで一致
レベル7:住居番号/地番(子番)を推定※
レベル8:住居番号/地番(子番)まで一致
※独自のアルゴリズムで住所辞書にない街区番号や住居番号の位置を推定する機能を利用した場合に付与されます。
レベルが0~4で絞り込みを行うことで住所文字列が正しくないデータを抽出することが可能です。

主な機能

●座標付与(ジオコーディング)機能
住所文字列を与えると、その住所に該当する座標を取得することができます
住所文字列を解析して行政単位に分解した住所文字列と読み、マッチングレベルも返します。
●住所リスト取得機能
東京都に含まれる市区町村リスト、千代田区に含まれる大字リストなどといった住所リストを行政単位ごとに取得することができます。
●リバースジオコーディング(逆引き)機能
座標を与えると、その座標における住所文字列(大字町丁目まで)を取得することができます。
●郵便番号検索機能
郵便番号を与えると、該当する住所文字列(大字町丁目まで)を取得することができます。
●マッチング結果のレベル取得
お手持ちの住所文字列が住所辞書データとどのレベルまでマッチングしたかを8段階のレベルで表現します。レベル0~4で絞り込みをおこなうことで正しくない住所文字列を抽出することが可能です。
●ひらがな・全角カタカナ・半角カタカナ検索
解析関数と部分一致関数において、ひらがな・全角カタカナ・半角カタカナによる検索も可能です。
●海岸線付近のGPS誤差を吸収するオフセット機能
海岸線付近でGPS測位する場合、GPSの誤差で海上の座標が取得されてしまうケースがありますが、この場合に当オフセット検索機能を用いることで、最寄りの住所情報を取得することが可能になります。
●特定住所文字列の置換機能
特定の住所文字列を置換する処理をお客さまが独自に設定できます。住所辞書に収録されている住所文字列と同じになるように置換することにより、マッチングレベルを向上させることができます。
●細かな出力書式設定
日本測地系・世界測地系の選択が可能です。座標書式は1/1000秒もしくは度/分/秒など8種類から選択できます。「丁目」の表示/非表示、数字の全角/半角など、細かな書式設定が可能です。
●マッチングレベルを引き上げる推定検索機能 ※住居表示実施地区のみ対応
住所辞書に収録されていない住所を指定した場合に、住所辞書に収録されている近い住所からその位置を推定する機能です。

製品体系

お客様のご利用形態に応じて3種類のご提供形態をご用意しております。

開発キット for Windows(DLL/COM/.NET形式)  

Windows上で動作するコンポーネント製品です。お客様が構築されるアプリケーションに、住所検索機能や座標付与機能を組み込むことができます。


開発キット for Linux(共有ライブラリ so形式)

Linux上で利用可能な共有ライブラリです。お客様が構築されるアプリケーションに、住所検索機能や座標付与機能を組み込むことができます。


アプリケーション版 for Windows(EXE形式)

Windowsアプリケーションです。座標付与作業、住所クリーニングなどを自社内で行うことができます。

具体的な活用事例

◆住所のチェック
ECサイトなどの配送を伴う業務におきまして、お客様よりお知らせ、登録のあった住所が正しいか?チェックすることが可能です。
事前にチェックをすることでお荷物などが不達となる可能性を事前に防ぐことができます。
開発キットをお客様の注文を受けるシステムに組み込む、配達前に単体ツールでチェックするなど、
ご利用の方法は様々可能です。
    


◆地図上での物件・施設管理
管理される物件や施設を地図上に表示するには、座標(緯度経度)の情報が必要になります。
物件や施設の情報として住所情報のみをお持ちの場合、単体ツールで事前に座標(緯度経度)を付与しておくことで、地図上への表示が可能になります。
開発キットを地図上に表示するシステムに組み込み、ご利用いただくことも可能です。
    


◆顧客・物件情報などの管理
管理している顧客や物件リストに住所情報がある場合、住所の情報を最新に保つことが情報の重複や物品の不達を防ぐことに繋がります。
単体ツールを使って、定期的にメンテナンスすることも、開発キットを使ってメンテナンスシステムを開発していただくことも可能です。
    


◆エリアマーケティング
顧客情報を使ったエリアマーケティングを行うには、座標(緯度経度)を持つことが必要になります。
顧客情報として住所情報のみをお持ちの場合、単体ツールで事前に座標(緯度経度)を付与しておくことで、エリアマーケティングで利用できる顧客情報になります。
開発キットを地図上に表示するシステムに組み込み、ご利用いただくことも可能です。
    


◆システム内への住所・郵便番号検索の実装
住所や郵便番号から地図を表示したり、住所や郵便番号から絞り込んだ情報を表示したり、住所を使った検索には、住所情報の解析を行う必要があります。開発キットをシステム内に組み込むことで、システム利用時に入力された住所やシステム内に保持しているデータの住所情報の解析が可能になりますので、住所検索や郵便番号検索を手軽に実装することが可能になります。
   


◆システム内へのリアルタイムジオコーディングの実装
顧客や物件、施設等を管理するシステムで地理的に様々な解析・分析や集計等を行う場合、住所情報等を登録した際に住所解析、ジオコーディングを行っておくと、後々システムでの利用が楽になります。
システム内に開発キットを組込むことでお客様や入力者が情報を登録した際に住所解析・ジオコーディングをすることが可能になります。
   

こんな業種で使われています

保険業、情報サービス業、自動車業、警備業、サービス業、鉄道業、郵便業、医療業、官公庁 など

動作環境・開発環境

開発キット for Windows(DLL形式) 32bit、64bit共通

開発環境:Microsoft Visual Basic 6.0以上 / Microsoft Visual C++ 6.0以上 / Microsoft Visual C#
動作確認済みOS:Microsoft Windows 11 / 10 / 8.1 / 8 / 7


開発キット for Windows(COM形式)32bit、64bit共通

開発環境:COMコンポーネントを組み込める環境
サーバ環境:IIS6.0以上
動作確認済みOS:Microsoft Windows Server 2003,Standard Edition/Enterprise Edition/Datacenter Edition/Web Edition
Microsoft Windows Server 2003 R2,Standard Edition/Enterprise Edition/Datacenter Edition
Microsoft Windows Server 2008 R2,Standard Edition/Enterprise Edition/Datacenter Edition (x86, x64)
Windows Server 2012 Datacenter / Standard / Essentials / Foundation
Windows Server 2012 R2 Datacenter / Standard / Essentials
Windows Server 2016、Windows Server 2019、Windows Server 2022


開発キット for Windows(.NET形式)32bit、64bit共通

開発環境:Microsoft Visual Studio 2005以上 (VB.NET / C# / C++CLI)
実行環境:Microsoft.NET Framework 2.0 以上
動作確認済みOS:Microsoft Windows 11 / 10 / 8.1 / 8 / 7


開発キット for Linux(共有ライブラリ形式)32bit、64bit共通

開発環境:C/C++ Java(JNIを使用して呼び出すご利用方法)
動作確認済みディストリビューション:Red Hat Enterprise Linux 5 / 6.4 / 8.5


アプリケーション版

動作確認済みOS:Microsoft Windows 11 / 10 / 8.1 / 8 / 7


ハードウェア環境(各形式共通)

CPU:1GHz以上のプロセッサ推奨
メモリ:1GB以上推奨
HDD空き:1GB 以上(地番レベルを全国インストールするには3GB 必要)


提供形式

DVDおよびCD-ROM

無償の試用版もご提供可能です

まずはぜひ無償の試用版をお試しいただき、ご希望の機能実現可否をご確認ください。
活用可能とご判断いただいた上で、製品版の購入・ご契約をご検討ください。
試用版は下記よりお申し込みください。



お見積りに関しては、以下よりお申し込みください。

お気軽にどうぞ



ウェビナーをアーカイブ視聴いただけます

2021年4月に開催しましたウェビナー「眠らせてはもったいない!その「住所情報」を活用して業務の効率アップを。ーゼロから学べる位置情報活用ー」のアーカイブを視聴いただけます。

「住所」は重要な企業資産です。資産は眠らせてはもったいない!デジタル地図制作担当者が、日常生活で便利に利用している「住所」を含めた「位置情報」の基本や、それを「緯度経度」に変換する方法、さらにそれらの賢い活用方法について解説した講演になります。
位置情報の活用に興味がある方や、保有する住所情報を地図と連携した活用ができていない方、配送業務における計画や委託時に住所情報を活用できていない方、住所情報の表記誤りや揺らぎ(霞ヶ関、霞が関など)が多く困っている方、そして古い住所が混在しているため地図に展開できずに困っている方におすすめです。ぜひご覧ください。

ご希望の方は以下より必要項目をご登録ください。追ってメールにて視聴URLをご案内いたします。


関連製品

アドレスマッチングツールに関連したサービス・商品です。

アドレスデータ
日本全国の住所と対応座標を約4,500万件収録した住所辞書データベースです。

これらの製品は
下記のようなサービスに
使用されています。

  • 顧客リストなどの住所情報に座標をつけたい 

    ツールを活用した自動座標付与から手動による高精度座標付与まで。お客様のニーズに応じた付与方法をご提案します。

    MORE

  • 拠点管理やエリアマーケティングツールを低コストで導入したい 

    お客様の事業属性や拠点内容に合わせた管理ツールを安価に構築します。

    MORE

  • 顧客リストに含まれる住所情報をクレンジングしたい 

    住所情報の誤りや表記のゆれなど、お客様がお持ちのデータをクレンジングいたします。 お客様のニーズに応じて顧客向け配送に関する様々なサービスを提供いたします。

    MORE

資料のダウンロード お問い合わせ