PRODUCTS

アドレスマッチングツール

これを使うだけで住所への座標付与や住所検索を簡単に実現できます

当社のアドレスデータを搭載し、住所情報に座標を付与(ジオコーディング)したり、座標情報から住所を返す(リバースジオコーディング)コンポーネントです。
複数レコードを一括処理することが出来ますので、大量の住所も即時に座標付与することが出来ます。

POINT①

住所表記のゆらぎや特殊な住所に対応

漢数字や全角、半角と住所には様々な表記の仕方が存在します。
本ツールでは漢数字・英数字、「1の1」や「1-1」、「ケ」や「ヶ」、「溪」や「渓」等の旧漢字・新漢字といった住所表記のゆらぎに対応し、住所検索やジオコーディングへの影響を最小限に抑えます。
また、上る/上ル/上がるといった表記のゆらぎや、○○通△△を○○△△と呼ぶような「通」を省いた表記等、京都の通り名に関するゆらぎにも対応しています。
また、住所辞書データに過去数年分の住所情報を収録しているため、市町村合併等により住所文字列が古くなった場合でも座標を付与することができます。

POINT②

開発キットでも単体ツールでもご提供可能

GISアプリケーションやWebシステムに住所検索機能や住所入力補助機能を組み込むことができる開発キットと座標付与機能に特化して単体ツールとしてご利用頂けるアプリ(EXE形式)をご提供しています。
開発キットは、Windowsアプリケーション向けのDLL版、Windowsサーバー向けのCOM版・.NET版、Linuxサーバー向けのLinuxSO版があります。
オフラインで動作可能ですので、個人情報等の機密性の高いデータに対して安全に座標付与を行うことができます。
※DLL/COM版については、住所情報から郵便番号(または郵便番号から住所情報)を取得することが可能です。ただし一部取得対象外の郵便番号があります。

POINT③

アドレスマッチングの結果をレベル表示

住所が住所辞書データとどのレベルまでマッチングしたかを8段階のレベルで表現します。
レベル0:不一致
レベル1:都道県名まで一致
レベル2:市区町村名まで一致
レベル3:大字通称名まで一致
レベル4:字丁目名まで一致
レベル5:街区番号/地番(親番)を推定※
レベル6:街区番号/地番(親番)まで一致
レベル7:住居番号/地番(子番)を推定※
レベル8:住居番号/地番(子番)まで一致
※独自のアルゴリズムで住所辞書にない街区番号や住居番号の位置を推定する機能を利用した場合に付与されます。
レベルが0~4で絞り込みを行うことで住所表記が正しくないデータを抽出することが可能です。

主な機能

●座標付与(ジオコーディング)機能
住所文字列を与えると、その住所に該当する座標を取得することができます
住所文字列を解析して行政単位に分解した住所文字列と読み、マッチングレベルも返します。
●住所リスト取得機能
東京都に含まれる市区町村リスト、千代田区に含まれる大字リストなどといった住所リストを行政単位ごとに取得することができます。
●リバースジオコーディング(逆引き)機能
座標を与えると、その座標における住所文字列(大字町丁目まで)を取得することができます。
●郵便番号検索機能
郵便番号を与えると、該当する住所情報(大字町丁目まで)を取得することができます。

具体的な活用事例

・WEBサイトのお客様申し込みフォーム等において、住所登録と同時に座標情報の付与が実現できます。
加えて、フォーム上で郵便番号を入力することにより、一定の範囲で住所を取得できますので、お客様の入力サポートが可能です。

・アプローチ先のお客様の住所情報を整理することにより、郵送にかかるコスト削減が実現できます。
その他多数の実績がございます。

提供形式

DVDおよびCD-ROM
※詳しい動作環境などはお問い合わせください。

無償の試用版もご提供可能です

まずはぜひ無償の試用版をお試しいただき、ご希望の機能実現可否をご確認ください。
活用可能とご判断いただいた上で、製品版の購入・ご契約をご検討ください。
試用版はこちらよりお申し込みください。

これらの製品は
下記のようなサービスに
使用されています。

  • 顧客リストなどの住所情報に座標をつけたい

    ツールを活用した自動座標付与から手動による高精度座標付与まで。お客様のニーズに応じた付与方法をご提案します。

    MORE

  • 拠点管理やエリアマーケティングツールを低コストで導入したい。

    お客様の事業属性や拠点内容に合わせた管理ツールを安価に構築します。

    MORE

お問い合わせ