製品

住所正規化アプリケーション
「アドレスクレンジングツール」 

住所表記のゆれを統一し、住所文字列を階層別に分割整理する専用ツール

「アドレスクレンジングツール」は、住所正規化(住所クレンジング)に特化したアプリケーションです。




『住所』について、次のようなお悩みはありませんか?


 ● 顧客データベースの登録住所に表記ゆれがあり名寄せができない
 ● 同じ住所にも関わらず表記ゆれがあるため、重複してDMを発送してしまった
 ● 住所リストを保有しているが整理しきれず活用できないままになっている、部門ごとに表記ルールバラバラなのでマスタ化ができない
 ● 出自の異なるリスト同士を住所をキーに突合したいが表記ゆれがあってうまくいかない


top



その課題は、住所正規化で解決できます!


「アドレスクレンジングツール」で住所正規化を行うことにより、表記の統一や重複・誤住所の洗い出しといったデータベースのクリーニングや、名寄せによる抽出・分析の効率化を実現します。
出自の異なるリストの住所表記を統一することで、それを紐づけキーにしてリスト同士を突合することができます。



top



インボイス対応に!
国税庁が公表している「適格請求書(インボイス)発行事業者」リストと取引先リストとの突合など、インボイス制度対応にもご活用ください。




・・・・・


広く座標付与(ジオコーディング)や、座標から住所への逆引き(リバースジオコーディング)への活用を目的とされる場合は「アドレスマッチングツール」もご検討ください。


・・・・・



POINT①

精度の高い住所正規化

約4500万件を収録した住所辞書と照合することで、特殊な住所にも対応します。文字列だけの正規化ではできない、精度の高い住所正規化が可能です。

住所辞書は住居番号・番地・号レベルまで保有し、年4回の更新により鮮度を保っています。

POINT②

簡単な使用方法

物件リスト(CSV)を取り込んだら、ウィザードに従ってアプリケーションにインポートし、住所辞書と照合して正規化をおこないます。その後、出力ウィザードに従って正規化した住所をエクスポートするだけ、と業務効率化に大きく貢献します。
なお、住所辞書との照合をおこなった後、結合レベルの低い住所文字列についてはリストから住所を選択するメニューを使用し、文字列の編集をおこなうことができます。住所辞書に合致した住所文字列となるため、正規化精度の向上が期待できます。

POINT③

オフラインで動作可能なアプリケーション提供

オフラインで動作可能であるため、例えば個人情報等の機密性の高いデータに対しても、安全に住所正規化をおこなうことができます。
また、APIのようなセッション課金ではなく、アプリケーション提供なので使用毎の料金を気にせずお使いいただけます。

活用事例

  • 表記ゆれ、重複や誤住所のクリーニング

    顧客名簿データベースや配送先リストの住所を定期的にクリーニングすることで名寄せや配送のムダをなくします。


  • 住所を階層別に分割整理

    ひとかたまりになった住所を階層別に分割整理できますので、名寄せや分析作業の効率が上がります。


  • リスト同士を住所をキーにマッチング

    紐づけキーを持たないリスト同士でも、住所を保有していれば本アプリケーションでそれぞれの住所を正規化することで表記が統一され、住所を紐づけキーにすることができます(※)。
    ※100%保証するものではありません


主な機能

■ 表記のゆらぎを統一化
日本の複雑な住所には様々な表記の仕方が存在します。本製品では、英数字の全半角、漢数字表記、「1-1」やハ「1番地の1」「1の1」等の連結、「ケ」「ヶ」等の大小文字、「溪」「渓」等の旧新漢字といった住所文字列のゆらぎをツール内で補正し、住所辞書に照らして表記を統一したリストを出力します。

■ 住所階層ごとに分割整理
京都の通り名の上る/上ル/上がるといった文字列のゆらぎや、○○通△△を○○△△と呼ぶような「通」を省いた表記等に対応しています。
ひとかたまりの住所を以下の住所階層に分割いたします。
都道府県 / 郡 / 市区町村 / 大字町 / 字丁目 / 街区番号・地地番 / 住居番号・子地番 / 残住所(※)
※住所辞書と照合しなかった残りの住所文字列。建物名や部屋番号、住所辞書にない住所情報など。

■ 住所辞書との照合結果を付与
正規化の過程で、住所辞書との照合度合いを「結合レベル」として8段階で付与します。
8:番地号レベルで照合 7:番地号レベルで推定照合 6:街区レベルで照合    5:街区レベルで推定照合
4:字丁目レベルで照合  3:大字レベルで照合     2:市区町村レベルで照合 1:都道府県レベルで照合  0:照合せず

■ 特殊住所への対応
京都市内の「通り名」表記をはじめ、北海道の「〇線〇号」、東北地方の「地割」など地域独特の住所表記が存在します。本製品ではそれら特殊住所にも対応しています。

動作環境

アプリケーション版
動作確認済みOS:Microsoft Windows 11/10

ハードウェア環境(各形式共通)

CPU 1GHz以上のプロセッサ推奨
メモリ 1GB以上推奨
HDD空き 1GB以上
(地番レベルを全国インストールするには3GB必要)

ご提供方法

ご提供媒体 ダウンロード版
収録内容 ・システムセットアップ(EXE用)
(セットアップを実行すると、アプリケーションプログラム/操作ガイドがインストールされます)
・住所辞書データセットアップ
・住所辞書データ

お見積りに関しては、以下よりお申し込みください

お気軽にどうぞ



関連コラム

アドレスクレンジングツールに関連するコラムです。是非ご覧ください。

住所の表記ゆれ解消による取引先のインボイス対応チェック ~住所の表記ゆれの対応事例解説~

導入事例

  • 表示灯株式会社さま

資料のダウンロード お問い合わせ