コラム

店舗公式サイトとGoogleビジネスプロフィールの情報連携の重要性
~いま注目のローカルSEOとMEOの解説~
【ウェビナー後記】

当社ウェビナー「今注目されているSEOの背景localSEOとMEO解説、公式サイト店舗情報とGoogleビジネスプロフィールの連携」では、多数のご参加をいただき誠にありがとうございました。
今回は、お客様へのご提案を通じて感じたことなどを含めまして、セミナーの振り返りとしてお伝えしていきたいと思います。

目次
Googleとのつきあい方
SEO、MEOは地味だけど重要
広告運営とサイト運営が無関係ではなくなる
さいごに


皆さんはGoogleという名前を聞いてどのようなイメージをお持ちでしょうか?
便利なツール?外国から来た黒船?
どれも当たっているのかもしれません。
Google社の概要ページ(https://about.google/)には以下のように書かれています。

「Googleの使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにすることです。」

以前、広告プロダクト事業担当としてGoogle社とコンタクトしたことがありますが、その際にも、「収益の源として広告があるのはもちろんながら、前述の理念に基づいて、本当に純粋に人と情報を繋げたいと考えているんだな」ということを感じました。(日本の仕事の進め方や文化とは違うな、とも思ったわけですが・・)
当社のお客様とGoogleビジネスプロフィール(旧・Googleマイビジネス)連携のお話をしていると、
「どうして勝手に自社の情報が載っているのか?」
「Google Mapの情報が勝手に書き換えられている。」
といったことを疑問に感じているケースがあります。このような疑問に対しては、前述のGoogleの理念を交えてお話すると、まあそういうことだよね、と合点が行くわけです。
そもそもサイト検索も世界中のWEBサイト情報をGoogleが収集し整理して掲載しているものですので、Googleビジネスプロフィールも同じなのです。
「知らない間に情報を掲載されている」
というのを不安に感じる方もいると思うのですが、昔は無かったWEBサイト検索が今では当たり前のツールになったように、Googleビジネスプロフィールについても、将来あたりまえのツールになるかもしれないものとして、「うまく使っていく」ことが重要なのだと思います。
Googleビジネスプロフィールが注目されるようになった経緯については、セミナーの中でも解説させていただきましたので、ご参考にしていただけましたら幸いです。

Googleビジネスプロフィールの登録情報の掲載面は、サイト検索結果やGoogleマップになりますが、店舗運営企業の皆さまは、より多く露出し、良い検索順位で掲載されたいと考えられると思います。
巷には“検索順位を上げる方法”などといったキャッチワードをよく目にしますが、GoogleはテクニカルなSEO手法(隙間をねらう的なものですね)を認めておらず、スパムリンクや多重複製などのSEO手法を排除してきた歴史があります。

”では、どうすれば多く露出して、良い検索順位になるの?”
Googleビジネスプロフィールの表示頻度を最大化する方法は、ヘルプページ等にて説明がされていますが、
その方法としては、ビジネス情報の内容を充実させ魅力的なものにする必要がある、というものです。
また、ローカル検索(エリアの情報を伴う検索)の掲載順位ランキングが決定される仕組みとしては、主に関連性、距離、知名度などの要素を組み合わせて最適な検索結果が表示されると説明されています。
ここでまたGoogleの理念に戻りますが、エリア名とニーズのキーワード検索がなされた際に、ここまでの話の流れに沿えば、ユーザーにとって最適な結果を掲載したいと”純粋”に考えているのだろうと考えるのが良いと思います。

 

”情報内容の充実”(あたりまえのこととして、すごくわかるけど・・・)
SEOを担当されている方のご苦労もサイト運営の経験から概ねわかります。
サイトリニューアルや機能追加といった動きであれば意義や効果もわかりやすいものですが、SEO活動の多くは、細かなページコンテンツの更新改善、キーワードの差替えやタグ記述の変更、クロール最適化運用の調整などといった、もしかしたらコンマ何%といったほんのわずかな改善があるかもしれない仕事の積み重ねだと思います。
少し解りづらい効果面も、仮に年間3%の上積みがあれば、おおよそ6年後にはだいたいですが1.2倍になるわけで、サイト開設から取り組んだ企業と、なにも取り組まなかった企業との間には大きな差が生まれると考えると、決して小さいものではないはずです。
ただ、これがなかなかに活動としては地味なので、社内での理解を得るのが大変、という事もあると思います。
Googleビジネスプロフィールに話を戻すと、店舗の概要説明を充実させ、営業時間の変化に適時対応させることが大事かと思います。多店舗運営企業様であれば、移転や廃店、新規出店などに適時更新を行う必要があり、これが非常に重要なことだとわかってはいるものの、他の優先業務との兼ね合いもあってタイムリーに行うことが難しいといった課題をお持ちだと思います。
今回のWEBセミナーでは、その1つの解決策として、必ず適時に管理されている公式サイトの店舗情報を用いて、手間なくGoogleビジネスプロフィールとの連携を行うことができる施策として、「ACCESS MAPPLE Suiteオプション Googleビジネスプロフィール連携」をご紹介させていただきました。
ACCESS MAPPLE Suite」は、公式サイトに店舗検索機能を付加できる当社のWEBサービスですが、このオプション機能を使っていただくことで、店舗データベースをGoogleビジネスプロフィールに情報連携することが可能になります。


つまり、店舗情報を更新することで、公式サイト上の店舗情報とGoogleビジネスプロフィール上の情報を一括で更新されますので、二重管理の手間を省き、効率的に店舗情報の運用を行っていただくことができます。
詳しくは、下記サービス紹介サイトをご覧ください。

Googleビジネスプロフィール連携
(ACCESS MAPPLE Suiteオプション)
https://mapple.com/products/gbp_link/

 

先日、広告代理店業務の勉強をする機会があり、Googleビジネスプロフィールを取り組む上での課題があることを知りました。広告取扱業務から見ても、アクション(行動)直前のユーザーが集まるGoogleビジネスプロフィール掲載面は、非常に魅力的な広告媒体となっています。
ただ、広告の出稿を行うためには、まずその媒体面であるGoogleビジネスプロフィールの情報を適正化する必要があり、その行為自体では売上に繋がりにくいため、広告クライアント企業への説明にも手間が掛かっている様子がうかがえました。また、もう一点、Googleビジネスプロフィール掲載面が「企業のブランディング(価値の維持・向上)」の観点でも重要なポイントとなりますが、このような意識を持って取り組んでいる企業は、まだまだ少ないと感じました。
ユーザーと企業情報の接触点は、今までは企業の公式サイトだったわけですが、店舗情報の詳細がGoogleビジネスプロフィールに掲載されることにより、Googleのサービス内で行われることになるので、ここに掲載される情報がファーストコンタクトになる可能性も大いにあり、企業の顔としての役割も必要になってきます。
このような観点から、先日のWEBセミナーでは、今後はGoogleビジネスプロフィールの情報も公式サイトの一部であると考えた方が良いとご案内した次第です。
当社のサービスもまだ生まれたばかりですので、このような広告分野の融合などについても、もっと勉強して、お客様に有益なご案内ができるようにしていかないといけないと感じたところでした。

ここまで色々とお伝えしてきましたが、当社の店舗検索パッケージ「ACCESS MAPPLE Suite」オプション機能である
Googleビジネスプロフィール連携」を活用いただくことで、公式サイトとビジネスプロフィール上の情報(もっと分かりやすく言うとGoogle Map上の情報)を一括更新いただくことが出来ます。
公式サイトとGoogle上の情報の二重管理の手間を省き、さらに正確で最新の情報をタイムリーに掲載出来るように
なりますので、お客様へのサービス向上のみならず、ブランディングの観点でも大きな効果が期待できます。是非、この機会に当社の店舗検索サービス「ACCESS MAPPLE Suite」の導入をご検討いただければと思います。
また、クライアント企業から、公式サイト運営から広告や販促企画まで受託されているIT系企業や広告代理店の方々も多いと思います。もし当社のツールにご興味がありましたら、ご一緒にお客様課題の解決を目指すことができると思いますので、ぜひお声がけくださいませ。
つたない文章ではございましたが、今回のセミナーでご案内したテーマ(Googleビジネスプロフィール)について振り返らせていただきました。
最後までご覧いただきありがとうございました。


 

関連製品

店舗検索パッケージ「ACCESS MAPPLE Suite」
https://mapple.com/products/system-search/

 

Googleビジネスプロフィール連携
(ACCESS MAPPLE Suiteオプション)
https://mapple.com/products/gbp_link/

COLUMN一覧へ