SOLUTION

万全の防災対策で大規模災害に備えたい

ハザードマップの製作から防災システム、地域防災アプリなど地域防災に役立つ多様なソリューションをご提案します。

日本における自然災害の発生件数は近年増加傾向にあり、その被害規模や被害額も年々増加しております。この傾向は今後も続くと見られ、各地域において災害の被害を最小限に留めるためには、事前の防災対策が必要不可欠です。
ハザードマップの管理や広域避難場所の確保など、地域住民に対する啓蒙活動を行う上で、見やすく分かりやすい地図情報の活用は重要なポイントです。
様々なGISで利用実績のある当社の正確な地図情報は、防災においても高い親和性を発揮します。

Solution method①

様々な利用用途に活用できる地図データを制作

台風や豪雨による河川増水時の浸水想定区域を可視化したハザードマップを事前に把握しておくことは、地域防災において大変重要な取り組みです。マップルは地図制作のプロとして各地域のハザードマップの制作を行っております。また災害時に迅速な非難を促すための広域避難場所や危険箇所などを可視化した地図データなどの作成にも対応しております。これらのデータをアプリに搭載したり、紙地図として地域住民に配布するなど地域防災にお役立て頂いております。

Solution method②

防災アプリケーションや防災システムで地域住民の被害を最小限に

いざ災害が発生した時には一刻も早い避難指示が必要になりますが、ライフラインが寸断された場合には迅速な避難指示が難しくなります。そのため、周辺の広域避難場所・避難所・帰宅支援ステーションなどの防災拠点を地図上に展開したアプリケーションを地域住民に事前提供したり、自治体サイトに避難場所を周知することで、万一の災害時にも迅速な避難指示や避難対応を促すことが可能になります。マップルはこのようなシステム開発にも対応しておりますので、万全の防災対策を取っていただくことが出来ます。

Solution method③

帰宅困難者を支援する「帰宅支援地図データ」の提供

2005年の発刊以来長きにわたり、被災時の安全な帰宅をサポートして来た昭文社の 『震災時帰宅支援マップ』。万一外出時や業務中に被災し、交通機関がストップした時、帰宅困難者は、徒歩で自宅まで帰ることを余儀なくされますが、 その際に自宅まで安全な帰宅をサポートする地図情報です。
独自に選定した12の帰宅支援ルートを紹介しており、全ルートについて綿密な実踏調査を重ねた、マップル独自のデータになります。
これまでに多くの企業や大学などの危機管理対策に活用いただき、多くの信頼をお寄せいただいております。

該当製品・ソリューション

  • SDK 「Mapple G-SDK 」 

    見やすさが追求された地図・用途に応じた拡張機能・圧倒的低価格の3つが揃うGIS開発キット

    MORE

  • デジタル地図データ 

    豊富な情報量と視認性を追求した当社ならではの“美しく見やすい”地図データ

    MORE

  • API開発キット

    地図関連システム構築に必要なAPIをフルセットで提供

    MORE

お問い合わせ