社員紹介

山田 淳/Yamada Jun

事業本部 第二事業部 開発課

技術開発部門|カーナビによる「業務効率化」と「安全な運行」を支援。


主に当社製品の業務用カーナビSDKを用いた業務用ナビアプリ受託開発のプロジェクトマネージャーを担っています。また、業務用カーナビSDKやマップルナビの製品開発担当の一人でもあります。
業務用カーナビSDKとは、配送や輸送など主に業務で利用される車にカーナビ機能を搭載するための開発キットで、様々な業務アプリと連携することで業務の効率化や安心安全な運行をサポートする製品です。外部企業様で開発される場合も多くありますが、マップル側でお客様の業務に合わせて使いやすい形でカーナビアプリを開発して提供することも行っており、そのような受託開発の際のプロジェクトマネージャーを行っています。
プロジェクトマネージャーの仕事は上流から下流まで多岐にわたり、営業部門とともにお客様との要件定義を行い、開発状況、開発後の検証作業までを総合的に管理しています。
また、製品開発にも開発メンバーとして携わっており、お客様からのご要望を製品仕様に取り入れたりすることで、より良い製品開発に繋がっていますので、非常に有意義な立ち位置で業務が出来ていると感じています。

仕事を進めるうえで大事にしていること

開発者として入る場合、自分のタスクが遅延すると全体スケジュールにも重大な影響が出てしまいますので、タスクを抱え込んで身動き取れなくなるようなことのないように早め早めにタスクを処理し、業務が滞らないよう努めています。
またプロマネとして動く場合は、より広い視点で管理を行っていかなければならないので、自分の業務だけでなく、全体の進捗状況やスケジュール管理は常に把握するようにしています。
もう一つ大切にしていることとして、“色々な業務に対して興味を持つ”ように心掛けています。
一つの製品を作るには企画から検証まで色々な工程があり、与えられた業務を流れ作業のようにこなすのではなく、お客様の課題や製品自体に興味をもって接し、どうすればお客様の課題に対してベストな機能が提供できるか、どうすればもっと使いやすい製品となるのか、などを考えながら進めると仕事のモチベーション向上にも繋がります。マップルのロゴにもプラスアルファの価値を追求することが示されていますが、このプラスアルファを作るために、まだまだ自分が貢献出来ることがあるのではないかと感じています。

やりがいを感じる瞬間

業務用カーナビの受託開発で言えば、その業務車両が走っているところを見て「あの中で自分たちが作った業務ナビが働いているのかな」と想像するだけでモチベーションの高まりを感じます。でも「使いにくいところは無いかな…?」という不安も同時にあったりするので、お客様に必ずご満足いただけるようにしっかりとした品質のものを提供するように心掛けています。
やはり自分が関わった製品には全てに思い入れがあるので、リリースした後のことは常に気になってしまいますね(笑)

1日のスケジュール

10:00 始業 メール、チャットの確認・返信
リモートワークが進んでいるため、今はチャットによるやりとりがメインです。
10:30 進捗確認 プロジェクト進捗の確認、デイリービルド結果の確認
タスクはチケットで管理しているので毎朝チケットの確認から始まります。
11:00 タスク処理 資料作成
タスクは出来るだけ午前中に処理するように心掛けています。
12:00 お昼休憩 最近は食べ物が茶色くなりがちなので緑色をもっと摂らないと…
13:00 会議 お客様や外注先企業様との進捗確認等のWEBミーティング
外部の企業様もリモートワークが多いためWEB会議が多くなっています。
15:00 タスク処理 コーディング→コミット*ソースコードの確定
開発工程でもここが最も気を使う部分なので、慎重に進めています。
18:30 進捗確認 進捗をタスク管理チケットに記入
今日の業務を整理して、明日のタスクイメージを付けておきます。
19:00 終業 就業後はジムに行ったりしてストレスを解消しています。

マップルを選んだ理由 

私は転職でマップルに入ったのですが、もともと機械工学を専攻していたこともあり、前職でもエンジニアとして大きな基幹システムの一部を開発するような業務を行っていました。それなりにやりがいはありましたが、それがどのように活用されているのかが見えないので、もっと自分の成果が実感出来るような製品開発に携わりたいという気持ちが芽生え、それを叶えてくれる開発会社を探して志望しました。
マップルを選んだのは色々な理由がありますが、実際には以前から車に興味があったのと、自分の運転していた車にマップルナビが入っていたのが大きいですね。これも縁なのかなと…(笑)

入社してからの印象

当時はカーナビゲーションの専門会社だったこともあり、少数ながらも精鋭が揃った開発陣という印象を抱きました。その高い開発力があったからこそお客様に評価されるマップルナビの開発を成し遂げられたのだなと実感しました。それは今も変わっていません。
それと昭文社は道路地図帳のイメージが強かったですが、地図以外にも膨大な観光情報やドライブコースなど様々なデータを整備していて、ここなら他に無いカーナビ製品が実現出来るのではないかと思いました。実際にマップルナビは観光情報が強みの一つになっています。

職場の雰囲気

意見を言いやすい環境
上司の人柄もあって意見を言いやすい環境になっていると思います。
毎週月曜に進捗確認や相談事をWEBミーティング通じて行っていますが、みんなが自身の意見を気兼ねなく言い合えていると感じています。WEBミーティングの場合、対面よりも空気感が伝わりにくいという声も聞きますが、そのあたりはあまり気になりません。営業の方々も皆さんフレンドリーな人達ばかりなので、連携が取りやすい環境だと感じています。
それと、これはマップル全体に言えることだと思いますが、IT化とリモートワークの導入により、居住地に縛られなくなったことがとても良かったです。実際、遠方に住んでいるため往復2時間くらい掛かっていた通勤時間をそのままプライベート時間に回せるのはありがたいです。リモートワークでのデメリットもあるとは思いますが、社内アンケート等で社員の意思を汲み取って業務改善に取り組んでいたり、職場環境の改善に務めていたりするのを見ていて、社員を大切にする会社だなという印象があります。
また私の場合は裁量労働なので、自分なりのペースで働けるのはとてもありがたいです。午後に予定がある場合は早めに業務を始めて早めに切り上げたり、朝に病院に寄ってから出社するということもやりやすい環境にあります。

これからの自分

開発者とプロジェクトマネ―ジャーの両立を目指したいです。
今はプロマネの比率が高まっていますが、開発も好きなのでバランスよく業務に当たれると良いかなと考えています。開発者としては「こう作ったらもっと便利になる」とか「こういう仕様の方が分かりやすい」といった視点で開発していますが、このような点はどのような製品開発においても大事なことだと思っているので、プロマネとして業務を行う場合でも開発者としての気持ちは忘れないようにしたいと思っています。
それと開発者としては新しいプログラミング言語でも開発してみたいですね。業務に刺激も増えて自身のモチベーション向上にもつながると思っています。勉強するのは大変ですが…(笑)
あと組織的な話になりますが、今は少数精鋭でチームを組んでいますが、将来的には新しい仲間にも是非加わって欲しいなと思っています。特に開発者はそれぞれ色々な思いを持っている人が多いので、チームにとっても刺激になると思います。その時には私のノウハウを教えたりもしていきたいと思っています。

オフの日

主に平日の夜ですが、トレーニングジムに通って日頃の運動不足の解消を図っています。
特にリモートワークの場合は身体を動かすことが少なくなってしまうので、以前よりも意識的にジムで汗を流すようにしています。
それと車を運転するのが好きなので、ドライブでストレス解消したりもしています。最近は釣りも始めたので、ドライブがてら海釣りに行くことが多いです。釣果はイマイチですが、友人たちと一緒に朝マズメを狙って夜間から出かけたりすると非日常の旅行気分も味わえますし、良い気分転換にもなりますね。

採用情報

現在、求人募集は行っておりません。 募集の際は当ページにてご案内いたします。