mapple GX

mapple GX

マップルでは、大容量蓄電池「mapple GX battery」やEV観光地の活性化を
はじめとした、再エネソリューションを展開しています。

脱炭素社会に向け、国内では2020年に行われた「2050年カーボンニュートラル」宣言以降、様々な面で温室効果ガス削減に向けた取り組みが進められています。
昭文社グループにおいても、脱炭素社会に向けた取り組みとして、2021年6月にヘッドスプリング社との資本業務提携を行い、これまでにEV充電ステーションマップの立ち上げやEV充電器の提供などの取り組みを行ってまいりました。
今回新たにヘッドスプリング社がODM生産した住宅用蓄電池「mapple GX battery」を日本市場に投入し、国内の蓄電池市場における課題を解決し、再生可能エネルギーの利用促進に寄与してまいります。​


【独自の販売モデルと適正価格】

国内の住宅用蓄電池市場は、卒FIT(電力の固定価格買取契約)が終了した消費者を中心に導入が進んでおりますが、蓄電池価格が高額なため導入に踏み切れない消費者も多いのが実情です。
また複数の中間業者が介入する場合も多く、これも適正価格と大きく乖離した価格設定の一因となっているものと考えております。
「mapple GX battery」は、消費者に直接販売するダイレクト提供モデルを取る事で中間コストを削減し、蓄電容量に合わせた適正価格での提供を実現します。​


電力融通システムによる電力自家消費 / 停電対策ソリューション

集合住宅に太陽電池パネルと住宅用ハイブリッド蓄電システム「mapple GX battery」を複数台設置し、蓄電システム間での電力融通を可能とすることで、「仮想的な単相大容量蓄電システム」を構築します。

本システムは集合住宅の受電量を最小化、電気料金を大幅削減する効果的な自家消費型ソリューションを集合住宅のオーナー様や管理者様にご提供します。

停電時にも電気が使える

「電気料金抑制」「停電時の安心」を付加価値に加えることで、居住者様に安心・安全を感じて頂け、「入居率向上」「物件価値UP」が可能に。

レイアウトの自由度

分散型蓄電システムのため、電気室の形状に合わせてレイアウト、バルコニー等に分散配置など、柔軟に配置できる。

効率的な再エネ活用を支援

ハイブリッドパワコンであるため省スペースかつ効率的に太陽光パネルとあわせてご導入可能。再エネをより経済的に運用。

従来の課題

従来は集合住宅で電力自家消費を実現したい場合、大容量の蓄電システムと太陽光発電システムを導入する必要がありました。しかしながら、大容量の蓄電システムは一体型でサイズが大きいため設置場所確保が難しく、三相電源方式であるので単相受電の小規模集合住宅には適しておりませんでした。

本システムによる課題の解決

本システムは、複数の単相蓄電システム「mapple GX battery」を統合制御し「仮想的な単相大容量蓄電システム」を構築します。
単に複数の蓄電システムを導入しても、蓄電池ごとに蓄電量がばらついてしまうために容量を最大限活用することができませんが、本システムでは電力融通機能により、蓄電池間で電力を授受することで蓄電システムの容量を最大限使用することができ、あたかも一つの単相大容量の蓄電システムのように機能します。
さらに、蓄電池の分散配置が可能なため、広い設置スペースが確保できない場合でも配置レイアウトをフレキシブルに調整することができます。

本システムを実現する仕組み

本システムは、ヘッドスプリング社の高速・リアルタイム制御技術を適用した高速電力制御コントローラ「biPYXIS」により複数の「mapple GX battery」を高速制御することで、蓄電システム間の電力融通を実現し、集合住宅全体の電力フローを最適化します。
負荷急変などにより電力バランスが崩れた場合でも、「biPYXIS」の高速・リアルタイム制御により高速に最適状態に復帰(逆潮流を防止)することが可能です。
さらに、クラウド管理システム「biARGO」と接続することで、過去の電力消費実績や天気予報などから AI が算出した電力需要予測に基づく蓄電池の最適運用が可能となり、太陽光発電のエネルギーを最大限に活用することが可能となります。


住宅用蓄電システム ラインナップ

高効率・高性能ハイブリッド型蓄電システム

住宅・施設での自家消費にご利用いただける安全で大容量・高出力なハイブリット型蓄電システムです。変換効率は最大96%。
電気代の節約と共にZEH(net Zero Energy House)の実現にも有効なシステムとなっています。

安全

安全なリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載。

長寿命

安心の10年保証。15年保証は有償にて対応。

節電効果

太陽光からの発電、深夜電力をお得に蓄電。

 

簡単設置

屋外設置が簡単。メンテナンスも容易な設計。

蓄電・自家消費に特化したシンプル仕様

FIT契約満了の住宅で売電から自家消費への移行をご検討されている方は、既存の太陽光システムをそのままご利用いただけます。系統には逆潮流させない機能が備わっていますので移行が容易なシンプル仕様となっています。

太陽光発電システムから直接蓄電

太陽光発電システムで発電された電力は直流(DC)のままハイブリッド蓄電システムに接続できます。ハイブリッド蓄電システムには最適効率の発電量を制御する MPPT 回路、インバーターが備わっているので新たなパワコンは不要です。
太陽光システムのDC入力電圧範囲が 50~450V の広範囲な設計なので様々なメーカーの太陽光モジュールに対応できます。


製品の特長

停電時に電子レンジ、エコキュート等の200V機器の稼働が可能

自立運転(停電時)でもAC電圧が100/200V、AC出力3kVA・5kVAと高出力のため、蓄電容量の範囲で普段どおり電力をご利用いただけます。

※接続機器によって変動します

 

停電時は自動運転に切り替え

蓄電池が停電を検知すると直ちに自動で非常用モードに切り替り電源は確保されます。(切替時間<10ms)。

非常時は蓄電池内の電力容量を残量設定(任意に設定可能)までご利用できます。

蓄電池容量が残量設定に達すると自動で太陽光発電系統から給電されます。

防水防塵仕様

屋外設置でも安心の防水防塵仕様。
防水レベル(外装ケーシングは除く)
 蓄電池ユニット:IP65
 PCSユニット:IP65

電力供給先も自由にカスタマイズ

ライフスタイルに合わせて、電力の供給先(機器・負荷)を任意で設定が可能です。

※全負荷タイプ (家全体に電力を供給します)
※特定負荷タイプ (特定の機器 負荷のみに電力を供給します)

ECHONET Lite 機能搭載

家電製品を制御してHEMSを実現

 

太陽光の発電能力を最大限に引き出して活用

 

各回路14Aで大型PVモジュールに搭載可能。
MPPT2/3回路の独立した太陽電池ストリング入力回路を標準装備。

低電圧域にも対応するスーパーワイドレンジ仕様のため、早朝の少ない太陽光も有効に活用できます。

異なる屋根に設置された太陽光パネルも、ストリングごとに最大出力を追尾し太陽光パネルで発電された電力を効率よく活用することが可能です。


蓄電池の容量も自由にカスタマイズ

蓄電池の電気容量を使い切ることのないように、蓄電容量を10~100%にて、ご自由に設定することが可能です。
蓄電容量が少ない時に停電等になることがご心配な方は非常用エネルギー残量値を多めに設定することで、安心してご利用いただけます。
蓄電容量が設定された非常用エネルギー残量値に達すると放電を自動で停止し、残量値を下げると放電が開始となり、電気をご利用いただくことが可能となります。

※電池容量を使い切りません。

 


WEBによる遠隔監視

WEBでメンテナンス監視・操作、遠隔監視


製品仕様

※電池搭載容量17.3kwhもご用意しております。