CASE STUDY

SWR株式会社さま

SDK「MappleG-SDK」

GPS連動型の空間線量自動記録システムで環境課題を解決

環境やインフラ関連設備などの調査、解析サービスを多数展開されているSWR株式会社様では、GPS連動型の空間線量率自動記録システム「歩行サーベイ ホットスポットファインダー®」の開発に当社の「Mapple-G SDK」をご利用いただいております。
「歩行サーベイ ホットスポットファインダー®」は応答速度が速く、1秒毎の空間線量率の変化をグラフ化し、マイクロホットスポットを確認できます。
また、エネルギースペクトル表示測定モードで、原発事故由来の放射性セシウムの存在確認ができ、測定した放射線量データを使って簡単な操作で放射線マップを作成できます。さらにWebカメラと組み合わせることによって、狭いエリアの空間線量分布が表現などの可能となっております。

歩行サーベイ ホットスポットファインダー®
https://nipponsyaheigiken.com/product-introduction/hotspot-finder/

ご利用製品について

  • SDK 「Mapple G-SDK 」

    地図の美しさ・用途に応じた拡張機能・圧倒的低価格の3つが揃うGIS開発キット

    MORE

同一製品の導入事例

  • アドバンスド・コア・テクノロジー株式会社さま

    SDK「MappleG-SDK」

  • 株式会社エフ・ティ・シー通信さま

    SDK「MappleG-SDK」

  • 株式会社キュー・エム・エス情報さま

    SDK「MappleG-SDK」

  • 株式会社ソフトプラネットさま

    SDK「MappleG-SDK」

  • 有限会社ソルブさま

    SDK「MappleG-SDK」

  • 株式会社ノーティスさま

    SDK「MappleG-SDK」

  • 株式会社デンソーテンさま

    SDK「MappleG-SDK」

  • マップマーケティング株式会社さま

    SDK「MappleG-SDK」

  • リングアンドリンク株式会社さま

    SDK「MappleG-SDK」

お問い合わせ